よくあるご質問

手続きについて

亡くなった後は、何をすればよろしいでしょうか?

病院でお亡くなりになった場合、お帰り先を決めなければいけません。自宅、霊安室などの専用施設が主なお帰り先になります。全体の流れを通して考える必要がありますので、葬儀社のアドバイスを受けながら決めるのが良いです。この時、一緒に付き添いたい等のご要望がありましたら、当社のスタッフにお伝えください。他にも様々なケースがありますので、初期の対応はご遺体のことも含めとても重要になりますので、ご相談ください。

遺体の安置はどうすればよろしいでしょうか?

一度、ご自宅に帰し、布団にお寝かせするのが一般です。病院からの搬送車の手配やご自宅までのご安置もお手伝いいたします。病院で搬送車を手配いただける場合もありますが、その後の段取りのこともありますので、まずは当社にご連絡をいただければと思います。また、住宅事情などでご自宅に安置するのが難しい場合にも当社の霊安室や他の安置施設をご提案させていただきます。

親族、関係者には、いつ連絡すればいいでしょうか?

危篤時は、本当に近しい方、必要な方へのみご連絡ください。それ以外の方へは葬儀社との打ち合わせが済み、式場や日程が確定してから訃報の連絡をします。日程などが未定の段階でご連絡をするのは、混乱を招きかねませんので避けなければいけません。お知らせをする際にも、故人の友好関係に漏れがないか注意し、お知らせ先が多い場合には学校、会社、町内会、趣味の会などのグループに分け、各責任者に連絡をしてもらう方法をとるとスムーズにいきます。

お寺など宗教者への連絡はどうすればいいですか?

決まったお寺がある場合には連絡し葬儀日程の調整を行わなければいけません。遠方の場合でも後々までを考慮し、必ず連絡をいれておかないとトラブルの元になります。(ご近所の同じ宗旨の方をご紹介していただける場合もあります。)決まったお寺など檀家寺がない場合には、ご希望に応じて寺院などをご紹介いたします。

喪主は誰が行えばよろしいでしょうか?

喪主はご遺族で協議して決定します。一般的には故人の配偶者、長男、長女という順番で近い方が務めます。配偶者や子供がいない場合は、親兄弟が務め、故人様が高齢などの場合にはお身内の方でご相談の上決めていただきます。

役所への手続きはどうすればよろしいでしょうか?

役所へ死亡届を提出し、火葬許可証を取得する必要がありますが、ご依頼いただければ弊社が手続きを代行致します。火葬許可証は火葬が済んだ後、火葬済みの証印が押されて返却され、墓地に納骨する際に必要な書類になります。

亡くなったら、すぐに何を用意しなければならないですか?

取り急ぎ必要になるものは遺影として使用するお写真、印鑑になります。お写真はピントがあって表情がよいものをお選びください。印鑑は認印程度で結構です。また、当日ご入り用のときの為に、多少の現金をご用意いただいておいた方がよろしいかと思います。

よくある質問のトップへ戻る

このページの先頭へ